㈱リンク建物管理 blog

☆24時間365日営業中☆ 建物管理の出来事や、業務報告・賃貸情報などなど何気ない事を日々綴っていきます♪ 不動産に関するご相談は 06-7173-0264 リンクへ!

大阪城

城が一望できるマンション。

僕は好きです。


f:id:keita074:20200614215950j:image

太閤はんのお城」と親しみを込めて呼ばれることもあるが、

1583年天正11年)から1598年慶長3年)にかけて

豊臣秀吉が築いた大坂城(豊臣大坂城)の遺構は現在ほとんど埋没している。

 

現在地表に見ることのできる大坂城の遺構は

1620年元和6年)から1629年寛永6年)にかけて

徳川秀忠が実質的な新築に相当する修築を施した大坂城(徳川大坂城)の遺構。

 

1959年昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などもすべて徳川氏江戸幕府によるものであることが判明。

 

大坂城は、上町台地の北端に位置する。

かつて、この地のすぐ北の台地下は淀川の本流が流れる天然の要害であり

この淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。

 

元々は古墳時代古墳があったと言われ

戦国時代末期から安土桃山時代初期には石山本願寺があったが

1580年(天正8年)に石山合戦で焼失した。

 

この大坂は、西日本を押さえるにも優れ、『信長公記』によると信長はこの立地を高く評価していたため、跡地にさらに大きな城を築く予定であったという

 

石山合戦終結後は織田信長の命令で丹羽長秀に預けられた後

四国攻めを準備していた津田信澄が布陣し

「千貫矢倉」もあった(『細川忠興軍功記』)が信澄は本能寺の変の際に

丹羽長秀に討たれた

 

その後、清洲会議池田恒興に与えられるも、ただちに美濃へ国替えとなり

秀吉によって領有された。

 

そして秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが

秀吉の子、豊臣秀頼の代に大坂夏の陣豊臣氏の滅亡とともに焼失した。

 

徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数メートルの盛り土をして縄張を改め再建した。

 

その後、江戸幕府大坂城代を置くなど近畿地方、および西日本支配の拠点となった。

文献等にもよるが、日本三名城のひとに数えられる場合もある。

(他の二つは名古屋城、熊本城があげられる場合が多い)

 

現在は江戸時初期から後期にかけて建てられた櫓や門、蔵など13棟が現存し

城跡は710,000平方メートルの範囲が国の特別史跡に指定されている

 

天守は1931年(昭和6年)に

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)構造によって復興された物であるが

現在登録有形文化財となっており、博物館「大阪城天守閣」として営業している。

 

ちなみに、「おおさかじょう」の表記についてであるが

近代以降「大」を「大阪」と表記するように改まったため

現在は「大阪城」と表記することが多い。

なお「大阪城」は大阪市の町名にもなっている。