㈱リンク建物管理 blog

☆24時間365日営業中☆ 建物管理の出来事や、業務報告・賃貸情報などなど何気ない事を日々綴っていきます♪ 不動産に関するご相談は 06-7173-0264 リンクへ!

住宅ローンのお話

 住宅ローンを借りて家を買うと、入居から10年間にわたり、住宅ローン年末残高の1%に相当する額が所得税などから控除されます。

これが住宅ローン控除と呼ばれる制度で、最大で年間40万円、10年間で最大400万円が控除される大型減税です(一般住宅の場合)。

所得税が給与から天引きされている給与所得者の場合は、住宅ローン控除を受けると税額が還付されます。


この住宅ローン控除を受けるためには、入居の翌年に確定申告が必要です。

所定の申告書に書類を添付して税務署に提出します。

また、「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」にも記入が必要です。

いずれも税務署に用紙が置いてあるほか、国税庁のホームページからダウンロードしたり、パソコンなどで直接書き込むことができます。

パソコンを使って申告する場合は、国税庁のホームページにある確定申告書作成コーナーで申告書を作成します。作成した申告書はプリントアウトして郵送などで提出するか、e-Taxとよばれる電子申告システムで送信可能です。


確定申告の期間は2月15日~3月15日ですが、住宅ローン控除の申告は2月15日以前でも可能です。

なお、控除額が所得税額より大きい場合は住民税からも13万6500円を上限に控除されます。

住民税から控除を受ける場合は、所得税の確定申告をしてあれば手続きは不要です。

また、給与所得者の場合は、2年目以降は勤務先の年末調整の際に住宅ローンの年末残高証明書を提出すれば手続きが完了します。

また、住宅の購入資金として親や祖父母から援助を受けた場合は、翌年に贈与税の申告をすることで、贈与税の非課税枠を利用できます。

非課税枠は2015年中の契約であれば1000万円(一般住宅の場合)で、使い道を問われない110万円の基礎控除も併用可能です。

また、2016年は9月30日まで非課税枠が700万円(同)に縮小されます。

この贈与税の申告も、税務署に申告書と添付書類を提出します。

申告期間は2月1日~3月15日です。

毎年3月になると税務署が混雑するので、窓口に提出する場合は早めに手続きしましょう。 

(株)リンク建物管理
    不動産売買部

TEL 072-289-8366